WACKOMARIAの魅力を知ろう【幅広い層に支持されている】

男性がお洒落を語る時代

洋服

タフでクールなアイテム

アスリートという職業は、身体的能力を発揮することを最大限に求められるので、他の職業に比べると短期間で引退せざるをえません。引退する時期は、本人だけでなく周囲の人間と環境によっても変わってきますが、各自の得意分野へと進出し第二の人生をおくっています。Jリーグで活躍したこともある元サッカー選手だった森敦彦も、その一人で現在は実業家でありファッションデザイナーとして転身しました。現役時代からレゲエ音楽を愛好し、独自のお洒落を楽しんでいた森敦彦は引退後は、バーを経営し2005年にはファッションブランドも立ち上げたのです。この時にスタートさせたのが、WACKOMARIAというメンズ専門のファッションブランドになります。WACKOMARIAはスタート当初からテーマを、女と音楽そして酒とハットというのを基本のコンセプトとしており、10数年を経た今でもそれは変わっていません。ファッションデザイナーである森敦彦は、バーに集うセクシーでタフな男性が似合う服を理想として製作しているのです。したがって販売されている服は、ライダースジャケットやミリタリージャケットといったタフさを、表したデザインが多くあります。しかし実をいうと高級なレストランにも入れる上質なスーツも、製造され販売されているのをご存知でしょうか。インポート物の生地を使用して、熟練した職人の手によって製造されたWACKOMARIAのスーツは、公私問わずに活用できる仕上げです。全国で実際に販売する店舗も多数あるWACKOMARIAですが、ウエブサイトも展開しオンラインショップでの利用も可能になっています。

Copyright© 2018 WACKOMARIAの魅力を知ろう【幅広い層に支持されている】 All Rights Reserved.